無料ブログはココログ

2011年2月23日 (水)

アルベルト・ネジメ・エ・イーホ・マリン

シュタイドルのマスタークラスの前に恵比寿のギターショップ・カリスに寄って、禰寝さんの息子、碧海(マリン)さんのデビュー作品を試奏してきました。父上と共同制作とのことですが、父上の作品同様、骨格のしっかりとした音でとても魅力的です。また仕上げも美しく、デビュー作とは思えないできです。これからどんなギターを作るのかとても楽しみ。

ところで、カリスの店主さんとお話していて、先日のギターコンペのコメント(全体に甘い音が多く・・・)を伝えたところ、店主さん曰く、私は弾いている時けっこう右手がサウンドホール上にきているとのことで、ここ数日、意識してブリッジ寄りで弾くように練習しています。自分では相当硬い音に聞こえるんですけど。

2009年7月 9日 (木)

ベンツ、BMW・・・・・

タイトルの2車に加え、レンジローバー、ポルシェ、ジャガー。
私の車好きの友人の現在の所有車。ジャガーは最近買ったらしいが、下取りはレクサスだったとか。「奥さん取り替えたりはできないから、車くらいは好きに乗りたい」と、彼が以前言っていたように記憶してる。

某有名ギタリストも、同じようなことを言っていて、ずいぶんと楽器をとっかえひっかえしているような・・・

因みに私、2月に佐久間悟を買ったばかりだが、6月に、今度は桜井パリコンモデルの中古品を買ってしまった。上記の2人とは使った金額の桁が違うけど、同類というか同病。
この桜井、弦長640mmでとても弾きやすいし、低音がしっかりしていて、以前持っていた79年作の河野30号とは音の傾向が違う。
このところ桜井だけ触っているのだが、うちの奥さん、桜井とネジメ松のヘッドの飾りが似ているせいか、目の前で弾いていても全く気づかないでいる。また、1本よそに預けているのでケースの数も増えていないのだが、気づいたときはどんな反応するのか、ちょっと怖い。

最近のトラックバック

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31