無料ブログはココログ

« 2017年3月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月22日 (木)

ドゥエンデ・デル・フラメンコ-フラメンコの妖しい魅力-(6月18日)

ちょっと日が経ちましたが、日曜日は水戸芸術館でフラメンコの公演を観てきました。小松原庸子さんと荘村清志先生の組み合わせで、この組み合わせは水戸芸では3回目らしいです。
小松原庸子スペイン舞踊団のホームページでは、「ドゥエンデ・デル・フラメンコ」は、スペインを代表する国民的天才詩人、フェデリコ・ガルシア・ロルカの美しい詩の数々を舞台化したもので、この舞踊団の代表的作品と書かれています。
 
で、第1部は荘村先生のギター独奏からスタート。調弦の時から気になったけれど、いかにも増幅しています、というくらいにPAが使われていて、低音弦の共鳴も聞こえてしまい、なんだかなぁと思っていたら訳がありました。4曲目の入り江のざわめきでは小松原さんのカスタネットと、そして6曲目のアストゥリアスでは男性の踊り手とのデュオになり、バランス上相当音量を上げなければならなかったみたい。また、荘村先生といえば、独特の間をもった歌い口が魅力だと思いますが、カスタネット、踊りとの合わせでは、その独特の間を封じ込めて合わせることに専念していたよう。アンコールは映画「禁じられた遊び」からロマンスとサラバンドの組み合わせでした。
 
そして第2部。詩人役の方がロルカの詩?を語っては、10人の踊り手がいろいろな組み合わせで踊りを展開。歌もギターも踊りもものすごくうまい方達なんだろうけど、フラメンコをよく知らない私は、例えば字幕のない外国映画を見ているようで、ふーんとか思っているうちに終わってしまいました。語りは日本語だったけれど意味不明なところもあり、詳しい解説が載ったプログラムを用意してくれたらなぁ、と自分の不勉強を棚に上げてつぶやいてみました。
P1020918P1020925
 

2017年6月 5日 (月)

アスパラ春巻き

facebookの方はある程度更新していますが、ブログの方がおろそかになってしまいますね。
 
で、福田先生がツイートして以来話題になっているアスパラ春巻き、作ってみました。
専業主夫歴2年の私、油の処理が面倒なので揚げものは1回もやったことがありませんでしたが、アスパラ春巻きは揚げ焼きということで油の量が少ないのでトライ。意外に簡単にできるんですね。
Img_20170604_180324
皮のパリパリの食感とアスパラガスの青っぽい香りがなんとも言えませんね。ウマし!です。
 
下の写真は、つくばに住んでいる次女にこの春巻きのことを伝えたところすぐに作って送ってきたもの。感想は「すごくウマし!」でした。
1496266993528

« 2017年3月 | トップページ | 2017年7月 »

最近のトラックバック

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31